top of page

マッチングアプリが婚活を狂わせる理由3選



マッチングアプリは婚活をしている方であれば1度は利用したことがあるのではないでしょうか。


マッチングアプリは確かに出会う目的で作られたツールですので、出会う事はとても簡単です。


変な話、女性であれば条件やルックスが微妙だとしても、100件以上のいいねが届いたり、そこそこ良い人とメッセージのやり取りをする事、デートまで行きつく事はさほど難しくありません。


ここで「だって婚活って出会ってなんぼでしょ?なら問題なくない?」


と思われる方も多いと思います。


確かに婚活において出会いの数を増やす事は重要です。


ただ、マッチングアプリでの出会いは非常に質が悪いという事がネックになっているのです。


また、マッチングアプリを利用する過程で間違った自己評価をしてしまう事や、不必要なトラウマを背負う事も大きな問題と言えます。


今回の記事ではその部分を掘り下げてご紹介していきます。




もくじ





アプリに潜む辛い現実


マッチングアプリは身元も不確かで目的も曖昧な異性が登録しているという事を利用年月が長ければ長いほど忘れがちです。


最初はどこか危機感をもちながら利用していた人も、何人か異性と会う事でその危機感も薄れ、いつしか疑いなく利用するようになっていきます。


よく話題に上がるマッチングアプリで騙された例としては


・結婚詐欺

・既婚者・彼女(彼氏)持ち

・写真詐欺

・プロフィール詐称

・勧誘目的(マルチ・宗教等)

・体目的


等がよく見られるマッチングアプリであう被害です。


勿論上記のトラブルは婚活をしている身からするととんでもない精神的ダメージを受ける出来事ですが、これはあくまで結果であり、私が指摘するマッチングアプリの怖さは


この結果に行きつくまでの過程でおこる心境の変化や間違った自己評価、恋愛経験の積み方であると考えています。




簡単な出会いと真剣な出会いの違いが分からなくなる


マッチングアプリは本当に簡単に出会えます。


そのため「なんだ、こんなに簡単に出会えるんだ」と、まず出会う事へのハードルがガクンと下がります。


しかし、前述しましたがマッチングアプリはあくまで遊び感覚の人、婚活中とはいえ、お金はかけずに手軽に出会いたいという感覚の人中心の環境です。


そのため、本気度や真剣度は低い人が多く、本気で婚活をしている人のフィールドとは言い難いのが現実です。


しかし、出会えてしまうからその手軽さを捨てる事が出来ず、いつしか自分自身が「良い人に当たるまでアプリで人に会い続けよう」という軽い婚活になっている事に気付かないのです。


本来婚活は1つ1つの出会いを大切に、何度かデートを重ねコミュニケーションを取りながら相手と向き合う必要があるのに


見た目がなぁ


なんとなくパッとしないなぁ


この前の人と比べるとここがなぁ


という程度の判断しかできない婚活になってしまいやすく、また、自分が幾ら真剣だとしても相手が軽い出会い感覚で利用している以上、中々結婚へ発展できる様な真面目な出会いにはたどり着くのが難しいのです。




間違った自己評価をしてしまう


マッチングアプリを利用していると、普段出会えない様な人とも出会う事が出来ます


・高年収

・容姿端麗

・社会的地位のある職業


そんな人とマッチングする事が増えると「自分はこれだけの人に会いたいと思われるほど価値があるんだ」と勘違いしてしまう人も少なくありません。


しかし、残念ながらその多くは


・プロフィール情報が嘘

・ただのヤリモク

・勧誘目的


に当てはまります。


特にただのヤリモクというのが一番厄介で、実際簡単に「じゃあ付き合おうか」なんていってお付き合いを開始するパターンも存在します。


しかし、結婚願望があるわけでもなく、他に良い人が出来たら分かれて次に行くのが大前提なお付き合いであるため、そう長くは続きません。


しかし自分はハイスぺと付き合えたという称号だけは手に入ってしまうので、自分にはそれだけの価値がある。結婚相手だってそのレベルを狙っても問題ない。


と、間違った自己評価をしてしまい、本来出会うべき層を切っていつまでもお付き合いまでしか考えていない様なハイスぺに遊ばれて数年という月日が経過してしまう…


そんな方もかなり多く存在します。




傷つく恋愛を自ら選んでいる事に気付かない


軽い恋愛を繰り返すと、そのうち自己肯定感が下がり


自分は誰にも愛されない

自分に価値が無い


そう自己嫌悪に陥ってしまいます。


こんなに自分は真剣に結婚したいと思って相手と向き合っているのに、浮気をされたり、すぐ別れたり‥


でも、それはマッチングアプリというある意味無法地帯での婚活を選んだ時点で仕方のない事なんです。


あなたが悪いのではなく、出会う環境や人が悪いのです。


結婚相談所など身元や結婚への決意がハッキリしている人しか居ない環境で婚活をしていればそんな問題は起こらないのに、自ら手軽だからという楽を取ってマッチングアプリで婚活をしているのですから、仕方のない事ですよね。


でも、周りの友達はマッチングアプリで普通の恋人を作っている・マッチングアプリで結婚までたどり着いた人は沢山いる。


そんな情報が頭にあるからこそ、私はきっと結婚や恋愛に向いていないんだ…


という思考になってしまうのです。


何度も言いますが違います。


結婚や恋愛に向いていないのではなく、あなたにはその環境が向いていないだけなんです。


そこに気付かないと、環境を変えるという選択肢はとらずに「婚活はちょっとお休みしよう…」とメンタルだけ崩壊して前に進めなくなってしまいます。




まとめ


マッチングアプリは気軽に沢山の異性と出会えるツールです。


使い方やメリット・デメリットをきちんと把握していれば婚活の助けになってくれるツールではありますが、現状多くの方が使いながらどんどん婚期を遅らせてしまっている、本末転倒なものになっているのです。


特に恋愛経験が少ない方からすると、マッチングアプリが初めて異性から評価される場としてインプットされてしまうので、間違った自己評価に繋がりやすく、自らの婚活をハードモードにしてしまいがち。


本気で結婚を考えているのであれば、マッチングアプリではなく結婚相談所の利用をおススメします。


・第三者から見た正しい自己評価

・真剣で安全な出会いの提供

・相手ときちんとコミュニケーションがとれる環境


これだけでもマッチングアプリとは大きく違いますが、これ以外にも結婚相談所を使用するメリットは沢山あります。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。


皆さんの婚活が、一歩前進します様に。

















閲覧数:121回0件のコメント

Comments


bottom of page