top of page

良いと思った人にお断りされる理由と解決方法



中々良いなと思った人と会えない中、やっと見つけた良いと思える人!


会話も楽しかったし、印象は良かったはずなのに、何故か結果はお断り…


なんて経験はありませんか?


今回のブログでは、何故良いと思った人とカップリングできないのか、理由と解決方法を紹介していきます。


一緒に居て楽しいのは相手のおもてなしが上手いから?!

「会話が楽しく続いた」と感じた相手とはまた会いたいと思いますよね。


しかし、会話が楽しいと感じたはずなのに相手からはお断りのお返事が…


実はこれ「接客対応されていた」というケースが殆ど。


本当に楽しいと感じていたのであれば、相手だってお断りしないはずですからね。


例えば


相手「ご趣味はなんですか?」


あなた「映画ですかね」


相手「どんな映画を観るんですか?」


あなた「サスペンス系です」


相手「おすすめの映画はありますか?」


あなた「●●という作品ですかね」


相手「どういう所がおススメなんでしょうか?」


上記の会話で気づく事はありませんか?


この会話って、キャッチボールしている様でただの質疑応答になっているんです。


御相手は一生懸命話題を振っているのに【あなた】は答えるのみでキャッチボールができていません。


これでは相手は会話を楽しいとは感じていませんし、この流れだと自分が話題を振り続けないと沈黙になってしまうと感じ、無理にでも話しか続けるというパターンに…


例えば


相手「ご趣味はなんですか?」


あなた「映画ですかね、サスペンス系が好きでよく観ます。●●さんは映画興味ありますか?」


上記の様に、相手にも答えられるような質問系で会話を返す等ができていれば、お互いコミュニケーションとして会話が成立します。


ですが、実際好感触だと思った相手にお断りされる方の奥は前半の様な質疑応答会話になっている事が多く、相手が気を使って沢山話してくれている事を、自分に興味があるんだなと勘違いしてしまい【好感触だった】と勘違いしてしまうのです。




相手が平均以上のスペックでライバルが多い

御相手がある程度のコミュニケーション能力がある方の場合、当たり前ですがライバルも多いです。


そのため、無難なお見合いをしていてはより好感触だった相手にチャンスを奪われてしまうのは当たり前ですよね。


真面目に婚活をしているのであれば、毎週末誰かとお会いしている可能性が高く、よほど印象に残った相手出ない限り切られてしまいます。


ですので、良いなと思ったお相手がいたらきちんと行為が伝わるようにアピールをして、受け身にならない事を意識してください。


・「とても楽しい時間でした。是非また会いたいです」と別れ際に言葉で伝える

・会話を積極的にする(相手に任せすぎない)

・所作に気を付ける(足癖、手持ち無沙汰、あくびをする等要注意)


等です。


婚活は一期一会。


一度お断りされたお相手に再びアタックできる可能性は限りなく低いものですから、チャンスが来たらしっかり押さえられる様に日ごろから意識しておきましょう。



まとめ

婚活は常にライバルがいる戦いです。


通常の恋愛と同じような感覚で取り組んでいると、コミュニケーション能力が高く受け身でない人に良い人はどんどん奪われてしまいます。


「また会いたい」と相手に思ってもらうのは、実はとても難しい事。


ましてやお見合いの1時間でそう感じてもらうためには、きちんと戦略を立てて挑む必要があります。


なんとなく会って、何となく会話して…


ではなく、きちんと次も会いたいと思える会話術を磨くなど、日ごろから対策をたてて生活していきましょう!


婚活はただなんとなく続けるものではなく、きちんと戦略を練って行うものです。


自分ならどんな戦略が合うのか…と悩んでいるのであれば、自分専用婚活マニュアルを試してみてください。


あなたに合った婚活の方法を、カウンセラーが丁寧に指導するから、無理なく無駄のない婚活ができるんです。


お申込みはこちら





閲覧数:89回0件のコメント

Comments


bottom of page