top of page

好きな人が出来ない時陥っている現象3選


婚活をしているものの、好きな人が中々できないどころか、良いかもと思う人にすら出会えていない…


そんな状況に陥るのは婚活あるあるですよね。


ただ、この状況を脱却しなければ婚活は前進しません。


脱却するためには、何故そのような状況に陥っているのか、自分を知るのが第一!


そこで今回は、好きな人ができない時にこんな思考になっている事が多いというケースを3つ紹介させていただきます。



もくじ



減点式婚活になっている

期待に胸を膨らませた状態で会い、そこからどんどん減点するなんてデートになっていませんか?


勿論プロフィールを見て魅力的な人だと感じて会うのですから、多少イメージと違った。なんて事もあるかと思います。


ただ、第一印象がイメージと違っただけで、後は加点は無しでとにかく減点するだけになる人は多いです。


ちょっとイメージと違ったけど、今はこの人との時間。いい所を探そう!


という気持ちになれていない限り、その時間は本当に無駄な時間になります。


特に外見重視の婚活をしている方だと、この現象に陥りがちです。




誰かと比べている

元恋人、友人のパートナー、描いている理想の相手像、、、


誰かと比較しているうちは正直厳しい婚活になります。


パターン別で例えてみましょう


元恋人

恋愛感情を強く思い出に残しているため、燃えるような恋や刺激的なお付き合いを連想させてしまいます。


「この人以上に気持ちが高鳴る人と結婚したい!」という思いになりがちで、婚活というより恋活思考になってしまいます。


友人のパートナー

これは、友人のパートナーよりも良い人、又はそれ以下には絶対したくない。という思考の事で、スペックに偏りがちな婚活になる傾向があります。


結婚は人間同士の相性が1番大事な事なのに、スペックに左右される婚活は競争率が高いだけでなく、結婚後相性の合わなさに苦しむ結果となるパターンも。



描いている理想の相手

これは様々な情報から勝手に作り出した空想の理想の相手


要は何もかもが自分の理想通りの像です。


言うまでもないですが実在しないですし、そんな何もかも完璧だった人と皆結婚した訳では無いですよね。


いつまでもいもしない理想の相手と目の前にいる実物を比べていても、あなたの選択肢が狭まるだけで本当に意味がありません。


妥協しろという訳ではなく、目の前の異性を見ろという事。


目の前の良さに気付けないうちは、誰と会っても変わりません。




学生時代の恋愛感覚を引きずっている

これは恋愛経験が少ない方に多い傾向ですが、学生時代の恋愛感覚を引きずってしまい、年相応の感覚が分からないパターンです。


学生時代は思春期真っ只中。


そんな中する恋愛はドキドキする燃えるようなものだったのでしょう。


しかし、今は違いますよね。


大半の方がそのステップを通り越し、結婚相手には落ち着いた関係を求めています。


毎日顔を合わせる学校という環境で暮らしている訳でもない。


環境、精神年齢、何もかもがあの頃とは違うのです。


それでもあの頃の気持ちをもう一度味わえる様な人でないと結婚は出来ない。


と思っているのであれば、かなり厳しい婚活になります。




まとめ

好きな人ができない時は、大抵自分自身の考え方や相手の見方が良くない方向にいっている事が多いです。


凝り固まってしまった理想像を1度とっぱらい、ただ目の前の人の良い所を探してみる。


好きになろう!


と意気込むのではなく、ただ良い所を探してみてください。


そうしているうちに、段々と人を好きになれる自分に成長していけるのです。



閲覧数:96回0件のコメント

Comments


bottom of page