top of page

初めから70点を求める婚活、していませんか?

更新日:2023年5月31日



ルックス・条件・価値観…


婚活をしていると様々な事柄が自分の納得いくレベルに達している人と結婚したい!と思うものですよね。


しかし、初めから70点のレベルをクリアした人でないと2回目のデートに進まない。なんて選択をしている人は多いです。


これって出会いが尽きない方で、尚且つ平均的に65点~75点位の人と出会えている中であれば効率的な選出になっているので問題無いのですが


普段からあまり出会えていない・又は出会う相手が40点位のレベルばかり…


なんて人が線引きをしてしまうと、いつまで経っても2回目に進めずに婚活が停滞してしまう事に。


とはいえ40点の人とお付き合い・結婚なんて妥協はできない!と思いますよね。


今回はそんな時どう行動すればいいのか・どう考えればいいのかを中心にお話していきます。





もくじ




初めから70点台の人はまずいない現実を受け入れて


初めましての段階から70点の人に出会う確率って物凄く低い事をまず知っていてください。


近年では末チングアプリでハイスペックな異性と簡単に出会える事からこの部分を勘違いしやすい人が多いですが、ハイスペックな異性と付き合える。又は出会えるからといって結婚できると思うのは大きな勘違いです。こちらの記事参照


そもそも婚活とは、結婚するための活動であり、結婚とは初めから完璧なモノ同士が出会う事ではなく「この人と生涯を共に生きたい」と思える相手を探す活動です。


と考えると、変わりゆくもの(ルックス・条件)よりも


・きちんと話し合いができるのか

・価値観が違う部分も理解しあう事ができるか

・お互い歩み寄る事ができるのか


など、一緒に生活する上で大切な内面で判断するのが得策ですが、初めから70点を求めている人は内面や相性より変わりゆくものに左右されがち。


良い条件に越したことはないが、重要なのはそこではないという事を常に頭の片隅に入れておきましょう。




変えられる事は実は沢山ある


人間内面を変える事は正直ある程度の年齢になると難しいのですが、外見や清潔感、話し方や関わり方はこちらがアクションすれば変える事の出来る事柄です。


例えば、内面的にはそこそこだけど、見た目がなぁ…


という場合は、一緒に買い物に行って服を選んであげたり、何気なく画像を見せながら「この髪型似合うと思うよ」とアドバイスしてみたり。


大切なのはただの指摘にしない事です。


その服ダサいよね


清潔感無いよね


もっとなんとかできないの?


と指摘だけされると相手も不快に感じます。


こう思うからこうしてほしいな


この方があなたが魅力的になると思うよ


等、指摘だけじゃなくどうやって改善するかの提案をしたり、何がダメなのか分かりやすく伝える事で改善を目指していきましょう。




自分好みに育てる方が手っ取り早い


初めから70点の人を探すより、40点位の人だとしても、その人を70点に育てる方が実は婚活は楽に進みます。


勿論闇雲に育てる時間は無いので、上記で触れた内面の相性等をある程度確認した人に絞ります。


結婚相手は誰から見ても良い人ではなく、自分にとって良いと感じる人であればいいのです。


であれば、自分好みに育てていけば話は早いですよね。


そうするには


・きちんと思っている事を伝えられる関係性が保てそうな人

・話し合いができる人


が理想ですし、自分自身も


・ただの我儘にならないよう相手の気持ちを考える

・信頼関係を築いていくという意思を持つ

・相手のためになるアドバイスか考える


という意識の元行う必要があります。


まとめ


結婚生活はコミュニケーションの連続です。


婚活の段階からそれを省いて相手を見ていては、いつまで経っても良い相手を見付ける事はできず、競争率の高い相手を取り合ううちにどんどん年齢が上がり婚活が不利になる…


という負のスパイラルに陥ります。


最初から70点の人を探すのではなく、婚活で70点の人をつくり、死ぬときに100点な相手になっていればいい!


という位の気持ちで挑み、相手と向き合う方が実は婚活って上手くいくものですよ。





閲覧数:92回0件のコメント

Kommentare


bottom of page