top of page

35歳以降の女性は普通の男性と結婚できない!?



35歳を越えると、途端に婚活は難しくなると良く言いますが、本当の所どうなのでしょう?


今回のブログではその理由を解説していきますので、是非最後までご覧ください。


▼もくじ



平均的な35歳女性の場合難しいケースが多い

婚活は当然ですが相手がいて、相手にも選ばれて初めて結婚が成立します。


仮にあなたが


  • 35歳の女性

  • 職業は会社員

  • 年収300万~400万円

  • 一人暮らし

  • 体形は普通

  • 趣味は映画鑑賞や友人と遊ぶ事

  • 性格は好奇心旺盛でチャレンジ精神があり、友人も多い

  • 仕事も好きなので結婚後も共働きOK


と仮定しましょう。


大体この様な女性は結婚相手に「普通の男性で良いんです」と普通を求めます。


35歳女性が思う普通の男性とは?

具体的にその普通がどんなものかと言いますと


  • 年齢は同年代(30歳~37歳)

  • 年収自分以上(500万前後)

  • 身長175㎝前後

  • 体形普通(太っている人はNG)

  • ハゲNG

  • 清潔感があり会話も自然にできる人


というのがいわゆる普通の男性です。


普通の男性という概念が「ハイスぺじゃなく低スぺじゃない」なんです。


この、ハイスぺじゃないが厄介で


例えば


  • 医者

  • 年収1000万円以上

  • モデル並みのイケメン


上記の様なレベルをハイスぺと指している事が殆ど。


図で表すとこんな感じです


故に「別に高スぺと結婚したいなんて高望みはしていない」と自分自身思うかもしれませんが、婚活で一番人気のある層はこの「普通の男性」層です。


更に、こういう普通の男性は婚活をしなくても自然な出会いで結婚をしている事が多く、感覚的に普通の男性が世の中に居る割合は上記の様なバランスに思いがちですが、実際婚活市場にこの普通の男性がどの程度いるのかというと…



こんな感じでかなり数が減ってきます。



普通男性を求めるのは20代も同じ

20代後半の女性や30歳前後の女性の求める「普通の男性」と、35歳女性があげた普通の男性、何が違うと思いますか?


実は、両者の思う普通の男性は殆ど同じなんです。


つまり、35歳女性は20代後半や30歳前後の女性がライバルになるんです。


確かにあなたの中で「普通の男性」かもしれませんが、その普通に人気は集中するため、普通の男性が普通に手に入るものだと思わないでください。


普通男性には日々様々な女性からお見合いの打診が来ます。


また、結婚を考える男性の多くは子供を望む傾向があるため、少しでも妊娠・出産のリスクが軽減する若い女性を選びたがります。


昔弊社に居た34歳男性会員様は、毎日20件程のお見合い打診が来ており、多い時は1日100件以上も申し込みがありました。


中には元芸能関係の方や、女医、20代前半の方など本当に様々な女性から日々申し込みが来る中、平均的な35歳女性をあえて選ぶ必要性が無いのです。



ライバルが可視化されない

婚活をしているとライバルの姿は可視化されないので


「このレベルの男性なら申し込んで自分の存在に気付いてくれさえすれば、自分も特に変な所は無いし、会ってみよう位は思ってくれるだろう」


と勘違いしてしまうんです。


恐らくライバルがきちんと目で見える婚活パーティーであれば


「え、この男性にもこんな若い人が?!え?こんなハイスペックな女性がアタックしてるの?!」


と見て分かるので


【この層を狙うのであれば今の私のままじゃだめだ!】


と何かしら行動や努力をして自分のスペックを上げるか、狙う相手を変えてみる等施策を考え実行する気になれます。


しかし、ライバルのレベルが分からずに婚活をしていると


【何故自分がお断りされているのか分からない】事態に陥ります。


こうなると婚活は難航します。


いつまでもOKが貰えない相手にばかり申し込んでも意味が無いんです。


婚活は選ばれなければ選べません。


ですので、きちんと需要と供給を理解して、今の自分でも戦える層を見つけ、その中で自分に最適な人を見つけましょう。



低スぺは本当に低スぺなのか

そもそも、低スぺと定義している男性は果たして本当に低スぺなのでしょうか。


様々な婚活女性から話を聞いていて思うのは


婚活女性の感覚の高スぺ→一般的な感覚では超高スぺ


婚活女性の感覚の普通の男性→一般的な感覚では高スぺ


婚活女性の感覚の低スぺ→一般的な感覚では普通の男性


婚活女性の感覚の生理的に絶対無理→一般的な感覚では低スぺ


と、客観的に見ると普通の男性の立ち位置が初めから高すぎる様に感じます。


全てが平均か平均より少し上の男性以外を低スぺと括るのは非常に勿体ないです。


20代の婚活ならまだしも、35歳以降の婚活であれば少なくとも男性から見たあなた自身も低スぺの括りになってしまいます。


「話せば普通なのに、良い所も沢山あるのに、見た目だって悪くないのに…」


自分の事をそう思うのであれば、あなたが低スぺだと切っていた相手も全く同じことを感じていると思ってください。


誰からも魅力的で競争率の高い層を狙うのであれば、35歳という年齢を巻き返せるだけの何かを持っていないと厳しいのが現実の婚活です。


まとめ

どうしても今自分の戦える層の男性に魅力を感じないというのであれば、自分自身が魅力的に変わるしか方法はありません。


正直、それでも年齢を巻き返せる程の努力は凄まじいものになると覚悟が必要です。


その覚悟を持って婚活に全力を注ぐか、自分が今低スぺだと思っている普通の男性の良さに目を向け、今の自分が選べる中での最適な相手を見つけるか。


決めるのは勿論あなたです。


少し厳しいブログになりましたが、35歳以降でもきちんと戦略を立てれば結婚はできますのでご安心ください。


私が運営する婚活塾VOCEでは、あなたのお悩みや年齢、お相手への条件等を細かくヒアリングし、専用の婚活方法を提案させていただきます。


興味がある方、又は婚活のアドバイスを貰いたいという方は、是非無料相談へお申し込みください。


皆様の婚活が、実りあるものとなります様に。




閲覧数:938回0件のコメント

Bình luận


bottom of page