top of page

35歳以降の婚活難民が後悔している事




婚活は年齢が上がると難易度が高くなるという事実があります。


これはどうしようもない事で、特にお子さんを望まれるのであれば、男女ともに妊娠の可能性が高い20~30代前半に需要が偏ってしまい、35歳~40歳になるとグッと婚活の難易度も上がってしまうのです。


それだけではありません。


今まで一人の時間が多かったという事で、気付かないうちに自分ルールが固まってしまい、少しでも今の自分に合わないと思うと


もっと合う人を探そう。


という思考にもなりやすく、中々相手を決められず


この歳まで独身だったのだから、結婚するなら妥協はしたくない!


という思いがより相乗効果を生んでしまうのです。


なにより、それが自分だけであれば改善の余地があるのですが、お互い同じ年齢層(又は少し上)がターゲットになる以上、お相手も同じような思考の方が多く、お互いに歩み寄れない事が原因で、中々結婚に辿り着けない。


という悪循環になりやすいのです。


35歳以降で婚活をしている方の多くが、もっと早くこうしておけば良かったな。


と、後悔していることを今回は記載させて頂きます。





もくじ





恋愛と結婚の違いをもっと意識すべきだった




これは最も多い後悔エピソードと言えるでしょう。


実は、全く結婚に縁がなかったという方より、何度か結婚に繋がる出会いはあったが、それを逃してしまった。という方が圧倒的に多いのです。


今考えれば、あの人とは結婚を前提にお付き合いできたけど、その時は気づかないものなんですよね。


まだまだ恋愛したいという思いが強く、30代以降も今まで通り恋愛できる相手に出会えると思っていた。



しかし、実際30代後半頃から、昔感じたような燃えるような恋愛ができる人とは中々出会えず、いつまでも恋愛を追いかけている内に、周りはどんどん結婚していく現実。


結婚は恋愛感情無しでは出来ないものです。


しかし、学生の頃のようなドキドキするもの。


トキメキとドラマチックな展開を期待し、理想の恋愛を追い求めてしまうと、入口で躓きやすくなってしまうのです。


詳しくはこちらの記事をご覧下さい




未来の自分も今の気持ちのままだと思い込んでいた




目の前の仕事や、プライベートが充実している程、未来の事より目先の事に意識がいってしまうもの。


周りも独身が多く、それなりに楽しい時間が過ごせていたが、気付けば皆結婚していき、休日も1人で過ごすことが増えた。


趣味に没頭していたが、覚めた時に一気に孤独感が増した。


一人でできることは生きていれば沢山あります。


ただ、一人で楽しむ事に限界を感じたり、楽しんでいられなくなった時に多くの人が


このまま一人で一生過ごすのかな?


という不安と焦りにはじめてぶつかり、婚活という行動に移ります。


要は、未来の自分の生活が具体的に想像出来ていなかったが故に、行動に移すまでに時間がかかってしまったのです。




マッチングアプリに執着しなければ良かった




今はマッチングアプリが普及し、出会う事には昔程困らない世の中ですが、あくまで出会うためのツールという事を失念しがち。


出会えたからといって結婚にたどり着ける訳では無いのです。


安価で利用できるツールという事もあり、恋活目的、勧誘目的、体目当てなど、自分が望まない出会いもその中には数多く潜んでいます。


年齢的にもあまり時間をダラダラと消費したくないのであれば、出会う事が目的のツールを使うのではなく、きちんと結婚が目的のツールを使わなければ、婚活している様で実は何も成果の得られない活動をしてしまうリスクも高いのです。


どんな時でも今の自分が1番若い。


だからこそ、出会えているからと言ってダラダラとアプリに執着するより、需要が高い内にターゲットを絞って婚活をしなければ、気付けば数年過ぎていた、、、なんて事もよくある話です。




まとめ


後悔先に立たずという言葉があるように、実際の所その状態にならなければ人はどこかで余裕を感じてしまうものです。


今の自分の状況を少しでも前進させたいのであれば、きちんと計画を立て、時間を有効に活用してください。






閲覧数:307回0件のコメント

댓글


bottom of page