top of page

【有料級】30代が1年以内に結婚する方法【保存版】

更新日:2月9日



この記事は、本気で婚活をしている30代の方が1年以内に成婚するノウハウをまとめたものとなっています。


少し長いですが、是非最後まで読んで婚活に役立ててくださいね。




もくじ




結婚までのプロセス


まず、今一度結婚までのプロセスをおさらいしましょう。


  1. 出会い

  2. 交際

  3. 最終的な結婚観のすり合わせ

  4. プロポーズ・入籍

大きく分けるとこの4段階となります。


では、1年以内に1~4を終わらせるとなると、具体的にどのようなスケジュール感で動くべきなのでしょうか。


結婚相談所の平均的なスケジュールを例に説明させていただきます。



いかがでしょう。


これはあくまでスムーズに事が進んだ場合であり、6か月以内にお付き合い出来ないパターンや、お付き合いしてからダメになるパターンも存在します。


ましてや、結婚相談所ではなくマッチングアプリで婚活をしている場合、不誠実な出会いに振り回されもっと時間を消費してしまうケースも。


婚活では最初の「相手に出会う」で多くの方が躓いてしまいます。


  • アプリで良い人には出会えるが、お付き合いまで発展しない(又は付き合っても半年で別れる事ばかり)

  • プライベートではもう異性と出会うきっかけが無い


そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。


婚活はただ出会うだけでは意味がありません。


結婚に繋がる人と出会う事が重要なんです。


それでは、結婚に繋がる人とはどういう人なのか、また、どの様にして出会えばいいのかを詳しく説明していきます。



結婚への温度感が同じ人

婚活中と一言で言っても、その温度感は幅広いものです。


  • 1年以内に結婚したい人

  • 5年以内に結婚したい人

  • 良い人が居れば結婚したい人(いなければ独身でも良い)


この全てが「婚活中」に当てはまるのです。


つまり


あなたが1年以内に結婚したいのであれば、確実に1年以内に結婚したいと考えている人と出会わなければいけないのです。



ダラダラ交際しない人

結婚相手を決める際、何年も付き合わないと決められないという人は多いですが、本当にそうでしょうか。


勿論、全く知らない相手と即結婚!は問題かもしれませんが、仮に2年間のお付き合いで、月に2.3回相手とデートをし、結婚に対する真剣な話は普段全くせず、ただ楽しい時間を共有するだけの関係である事より


半年の交際であっても、週4回程短い時間でも相手と会い、結婚を視野に入れた話をし、相手の人間性を見ようとする姿勢でコミュニケーションを取る方がよっぽど有意義な期間ですよね。


そもそも、何年付き合おうが相手の事を完璧に理解する事なんてできないのです。


大事なのは量(時間)より質なんです。


何年もお付き合いをして~というパターンは、時間に余裕がある人(20代前半)が行う婚活です。


30代、尚且つ1年以内に成婚したいと思うのであればもっと覚悟を持って相手と向き合うべきなのです。



結婚観の話を遠慮なくできる人

自分が思い描く結婚後のビジョンをきちんと共有できる人でないと、結婚後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔する事に。


結婚後は共働きなのか、子供を望むのか、親の介護はどうするのか・・・等できるだけ具体的に話をしておきましょう。


「要望はあるけど、嫌われたくないから言えない…」なんて思う相手は特に要注意です。


結婚とは自立した男女が新しい家庭を1から作る事。


結婚観のすり合わせはその第一歩であり、相手の希望に合わせてこちらが折れたり、どうしても突き通したい部分を上手く相手に伝えようと努力したり、相手もこちらに合わせて妥協してくれたり…


結婚観の話し合いをする事で、お互いの思いやりや人間性を見る事が出来るのです。


正直、この話し合いの段階で意見が合わない、どちらも折れない、という関係の場合結婚後はもっとぶつかり合う事が予想されるので、もっと自分と合う人を選び直すキッカケにもなりますし、それでもこの人と結婚したい!と思うのであれば、それなりの覚悟を決めるキッカケにもなります。



覚悟がある人

もう後はプロポーズして入籍だけ!


の段階に来ても、いつまでも覚悟が決まらない人はチャンスを逃し続けてしまいます。


本当にこの人でいいのか決断できない。


何か大きなキッカケが無いとプロポーズまで踏み切れない。


・・・なんてうかうかしているうちに、運命の相手も時間も過ぎていきます。


結婚は本人に覚悟が無いとできません。


見えない未来が怖いのは誰でも一緒です。


大事なのは覚悟を決め「この人とこれからの人生を歩んでいこう」と決断する事です。


100%の幸せが保証されている結婚なんてこの世に存在しませんからね。



結婚に繋がる人との出会い方

近年では“出会い”にだけフォーカスすると、マッチングアプリや婚活パーティー等様々なフィールドが存在します。


ただ、“出会える事”と“結婚出来る事”は別問題だという事を覚えていてください。


では、出会える事に特化したマッチングアプリや、お手軽なSNS婚活、誰でも参加できる婚活パーティーを例に、何故出会える事=結婚 では無いのか説明していきます。



マッチングアプリ・SNS婚活・婚活パーティー等で出会える人

図を見て頂ければ分かるかと思いますが、そもそも出会える相手の熱量や目的がバラバラなんです。


そのため、1年以内に結婚したいと本気で思っている人を見つける事に時間がかかり、大幅に時間をロスしてしまうのです。


ここからはもう人狼ゲームの様にもなってしまいますが、仮に遊び目的の人に


「私は1年以内の結婚を目標にしていますが、あなたは?」


と聞いて


「自分は遊び目的なので」


と素直に言う人の方が稀ですよね。


「自分もですよ、奇遇ですね。あなたともっと仲良くなりたいな」


なんて言われてしまえば、こちらはその言葉を信じるしかないですから、相手が本当は遊び目的である事に気付けません。


今のはかなり極端な例ですが、これは相手が遊び目的以外でも十分発生してしまう出来事です。


むしろ、良い人が居れば結婚したいと思っている人や、3年以内に結婚でもいいかなぁと思っている人の方が


「(1年以内は早いなぁ…1年か2年お付き合いしてから決めたいなぁ)自分もその位で結婚したいと思っています。」


と、婚活しているという事実がある故に、悪気なく“1年以内の結婚”を軽視してしまう事が多く、この温度差が原因で


  • 付き合ってみたが具体的な話がいつまでもできずに別れた

  • 結婚観の話をしたら「焦りすぎ」と言われフラれた

  • 好きになってしまったが「結婚は3年後位に考えよう」と言われ別れられない


等、そもそも温度感が違うなら最初から時間を割く必要が無かった相手に振り回されるケースがかなり多いのです。



確実に同じ温度感の人と出会える場所

1年以内に結婚したい!と本気で思っている人と出会える場所


それが結婚相談所なんです。


結婚相談所と聞くと


  • モテない人の集まり

  • 地雷しか居ない

  • 最後の砦


なんて古いイメージを持たれる方が殆どかもしれませんが、近年の結婚相談所は上記のイメージとは全く異なります。

結婚相談所で出会える人

  • 計画的に、確実に結婚したい人

  • 安全な出会いを求めている人


が利用するのが結婚相談所であり、今まで説明してきた結婚に繋がる人が確認しなくても確定している場所なんです。


また、近年ではマッチングアプリで不誠実な出会いに憔悴してしまった若い層(20代)も続々と婚活のフィールドを結婚相談所へ移しているため、実際に登録している人を見ると、多くの方が良い意味で「え!こんな良い人と出会えるの?!」と驚く程


もう最後の砦なんて言って30代になってから利用するには遅いくらい、婚活ではスタンダードな場所となっています。


では、何故結婚相談所なら結婚に繋がる人と確実に出会えるのかを説明していきます。



決められたルール

結婚相談所には、全員に共通のルールが幾つも存在します。


共通のルールを設ける事で、全員が足並み揃えて例外なく婚活が出来るためです。


中でも、お見合い~成婚まで3か月という3か月ルールは、結婚相談所の1年以内の成婚を叶える重要なルールです。


何故なら、このルールを設ける事によりダラダラとお付き合いする人が居なくなるからです。


3か月でその人と結婚するかしないかを決めるのに、ダラダラとしていたら決断できないですからね。


お互い「3か月で見極めなければ!」と意識しているからこそ、期限の無いお付き合いより何倍も濃いお付き合いができるのです。



保証された安全性

結婚相談所に入会するためには


  • 独身証明の提出

  • 年収証明の提出

  • 会社証明の提出

  • 学歴証明の提出


等々、プロフィールに記載する事柄に嘘が無い様徹底した確認作業が行われます。


そのため、会員様は同じ温度感である事に加え、スペックに関しても安心してお相手を選ぶことができるのです。


それだけではなく、交際が終了した場合のトラブルを避けるため、交際終了後は必ず相手の連絡先を消す事。また、交際終了の連絡が来たらその後一切連絡してはいけないというルールがありますので、男女間のトラブルに繋がる事もございません。



入会という覚悟

マッチングアプリと違い、結婚相談所へ入会するには費用がかかります。


上記で説明させていただいた安全性や、結婚に繋がる出会いを提供している点も考えると費用が高くなるのは仕方のない事ですが、もう一つ理由があります。


人間は損をしたくないと思う生き物です。


その心理が働く事で「これだけ高い費用をかけたのだから、必ず結婚してみせる」と、ある意味お金を払うという行為で腹をくくる事ができるのです。


タダより高い物はない


とは本当によくできた言葉で、費用がかからないからと粗末な環境で婚活をしていても、いつまでも結婚できず、デート代が重み、年齢が上がり、自己メンテの費用が上がり・・・と、結局途方もない金額を費やしても結婚に繋がらないというケースが殆どです。


婚活はとにかく早く終わらせないと、1歳の壁がどんどん高くなっていきます。


例えば、34歳であればお見合い相手として異性に選ばれたとしても、35歳になった瞬間年齢以外のスペックに変化が無くても、又は上がっていたとしてもお見合いの候補にすら上がれなくなるのが婚活です。


それだけ婚活において年齢は重いものです。


この事実に気付き行動に移した人が在籍するのが結婚相談所な訳ですから、マッチングアプリで不確かな出会いに時間を費やすよりもかなりコスパ良く婚活が出来るという訳です。



カウンセラーの存在

そして何より、結婚相談所の一番の強みはカウンセラーの存在です。


恋愛や婚活は誰もが自己流で今まで行ってきたものですが、その自己流では中々結婚までたどり着けなかったのであれば、必ず改善すべきポイントがあるのです。


しかし、そのポイントは自分で気づく事が中々できないもの。


そのポイントを見つけ、改善できる様アドバイスをするのがカウンセラーの役目です。


また、結婚相談所の攻略法を熟知しているため、戦略的に理想の相手と結婚できる様にもアドバイスをしてくれます。


理想の環境×カウンセラーのバックアップ


この2つが揃う結婚相談所は、とにかく短期間で終わらせる事が望ましい婚活において、もはや最強の切り札といえるでしょう。



まとめ

ここまで読んで頂いた方は、婚活に対して本気で取り組んでいる方であると思っています。


もしまだ行動ができていないのであれば、行動するべきではないでしょうか。


いつまでも情報ばかり仕入れていても、動けていないとその情報はなんの意味もありません。


この記事も有料級の情報ではありますが、あくまで万人に当てはまるスタンダードな内容であり、あなたに合った内容ではないのです。


最短で効率よく成婚するには、あなたに合ったアドバイスや計画が必要なのです。


前述しましたが、近年の結婚相談所は20代の登録者も増え、男女ともに高スペックな人が増えています。


もう最後の砦なんて言っている余裕は、30代には無いのが現状です。


VOCEでは結婚相談所の利用に中々踏み切れない人のために、トライアルプランもご用意しています。


少しでも迷っているならまずはトライアルプランをお試しいただき、実際に活動をして、どんな相手とマッチングできるのか体験してみてください。


また、入会する勇気はないけど今の婚活に対するアドバイスが欲しい。という方や、もっと詳しく結婚相談所に関して教えてほしい!という方は無料相談からお気軽にお問合せ下さい。


婚活は頭で考えすぎず、勇気を出して行動した人から成婚していきます。


1日でも早く、今一番若いあなたが行動する事が、より理想的な結婚を目指せる第一歩であることを知ってください。




閲覧数:280回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page